スノーモトFAN ビギナーのためのスノーモト情報共有サイト

2012 スノーモト最新モデル情報!

スノーモトの新モデル情報が出てきましたね。

 

公式サイトからの情報

細かい情報はありませんが、スノーモトの集大成的なモデルになるみたいです。

News & Products: スタッフダイアリー/SAI SPORTS[株式会社エス・エイ・アイ]

 

 

販売店からの情報

いくつかの販売店さんからの情報によると、2012モデルは4つのラインナップになるそうです。画像などは以下のショップさんのサイトで確認して下さい。

 

他の販売店さんの情報は見ていませんが、どのショップでも予約を受け付けていると思います。特にフラッグシップモデルはすぐに売り切れると思いますのでお早めにー。

 

EVOLUTION LIMITED

限定30台のフラッグシップモデル。ボードはウッドコア&カーボンプレート。

ボード幅の変更:フロント先端 250mm → 230mm、フロント後部 230mm → 210mm、リヤ先端 230mm → 210mm、リヤ後部 250mm(旧モデルと変わらず)

フレックス(ボードの撓り):20%アップ

リアボードの取り付け幅を選択可能:160mm、100mm

新フレーム

トラックの高さ:50mm から 60mmに変更

リアボードの取り付け位置(トラックの前後の幅):150mm から 230mmに変更

価格:168,000円

 

EVOLUTION

ボード幅の変更:フロント先端 250mm → 230mm、フロント後部 230mm → 210mm、リヤ先端 230mm → 210mm、リヤ後部 250mm(旧モデルと変わらず)

フレックス(ボードの撓り):20%アップ

リアボードの取り付け幅を選択可能:160mm、100mm

新フレーム

トラックの高さ:50mm から 60mmに変更

リアボードの取り付け位置(トラックの前後の幅):150mm から 230mmに変更

価格:148,000円

 

ADVANCE

ボード:フレックスを20%アップ。従来通りの前後対象キャップボード。新デザイン。

新フレーム

トラックの高さ:70mm から 60mmに変更

ボードの選択:ワイドボードの取り付けが可能

価格:74,800円

 

COMFORT

新フレーム(アルミかな?)

2010のワイドボードをセットしたお買い得なモデル

価格:118,000円

 

 

まとめ

新モデルはトラックの高さと取り付け位置をすべてのモデルで共通化させたところでしょうか?ADVANCEでワイドボードが使えるのは嬉しい変更ですね。目玉は新シェイプのEVOLUTIONボードですかね?道具で滑りやすくなるのはいい事だと思います。万人受けするのもいいですが、個人的にはフラッグシップモデルは乗り手を選ぶくらいとんがってても面白いかなと思いますけど。

詳細は各販売店さんのホームページでご確認ください。管理人は今シーズン何も新調しません。スキー場で新モデル見かけたら声かけますので乗らせて下さい(笑)。


Comments (2) | トラックバック
  • kajavu
    そう、 フラッグシップモデルは 選ばれし者が乗れる 憧れのモデルにしなきゃ スキーだってボードだって同じ それに乗りたいから練習して 上手くなろうとするんだし 今回のやり方は賛成 だからこそ買う人はよく考えて かなり、硬く手ごわいボードになるんじゃないかな 物の出来、いい悪いじゃなくて 自分の腕を上げていきましょう さあ、がんばろ(笑)
  • 乗りこなす面白さってありますよね。そして乗りこなした時は手に入れたものが物凄く大きい。 スクートは完成形のマシンが昨シーズン個人オーナーの手で開発されたみたいなブログを見ましたが、あれはどういう位置付けだったんだろ?初心者でも最高のマシンか、上級者が求めた結果の最高のマシンか。 滑りに関してもボクはそろそろ辛口評価をして欲しい時期。何皮か剥けたい。